効果的なフライチェンジ


目的の支流に辿りついたら釣り人と遭遇。

b0208961_16183292.jpg

五戸町から来たと言う餌釣り師さんで、この支流がお気に入りで毎年来るのだそうです。





情報交換すると 「5匹しか釣れなかった」 と言うことで一安心(笑)して場所替え。
b0208961_16185947.jpg

注)渓パパの記憶では、以前一度この場所でお会いしていた様な気がします。





イワナはあんまり釣れないな~ もう一度場所替えしようかな~
b0208961_1620517.jpg





そうこうしていると、今シーズン初のサモダシと遭遇。
b0208961_16205785.jpg

こうなるとキノコ目になってしまって、釣りが雑になりさらに釣れなくなるんです。





イワナを釣る時にはイワナ目になってイワナの付き場を探すように、キノコを探すときにはキノコ目になってキノコを探します。
b0208961_16212792.jpg

注)脳がイワナ目モードからキノコ目モードに切り替わるんですね。





先週、尺ヤマメを釣った川にまた寄り道しました。
b0208961_16221159.jpg

二匹目のドジョウは果たして釣れるのでしょうか?





大きなヤマメが一度グリズリーカラーのパラシュートに出たのですが、何故かフライの数センチ横。
b0208961_16231424.jpg

レーンは外していなかったし、ドラッグもかかっていなかった、着水してからライズまで余裕もあったのに。





こんな時には姿や色がガラッと変わったフライを結びます(サイズダウンするより効果があると思います)
b0208961_16431251.jpg

注)大きいのがいるとわかっている時には未使用のフライを新しいティペットに結ぶと安心です。





何度もここぞと言うときに渓パパに幸運をもたらしてくれたエルクヘアカディス。
b0208961_16224182.jpg

フライチェンジしている時間はポイントを休ませる効果もあるんですね~





サービスカット(上のヤマメと同じ個体です)
b0208961_16324948.jpg

泣き尺ヤマメはメジャーで測らなければ約30Cmだったんですが(笑)





自宅に帰ってから、サモダシを熱湯で茹でて綺麗に洗い下処理しました。
b0208961_1623469.jpg


いよいよ秋だな~
by keipapa3 | 2015-09-05 17:25 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by パイン at 2015-09-05 23:37 x
こんばんは!!

泣きとはいえ見事なヤマメですね♪
キノコとあわせてて流石です!!
ブラウンボディ&ハックルのEHCは実績背景で僕も特別信頼してるパターンです♪
今日もここぞという場面でパラシュートからチェンジしての釣果を得る事が出来たんですが、
何百キロも離れた場所で渓パパさんと同じ事をしていたと知ってニヤついてしまいました!!
Commented by keipapa3 at 2015-09-06 09:37
パインさん
こんにちは、へ~そんなこともあるんですね!
エルクヘアカディスはフライを始めた頃によく使ったのですが、
何匹か釣っているうちにエルクが千切れてへたるのが嫌で使わなくなりました。
パラシュートならロストしなければ朝結んで一日中そのままで通すことも出来ますからね。
・・・でも、ここぞと言う時には、目先を変える意味で未使用のエルクヘアカディスを結ぶんです。
ま~レギュラーサイズのイワナなら立ち位置を変えてキャストし直す程度ですけど。
←menuへ