一部を長く残す


パラシュートフライのポスト部分はある程度の太さが無いと、ハックルストークを巻き付ける際に強度的に問題がある。

b0208961_14525279.jpg






・・・で、ポストを太くしてそのままインジケーターを大きく残すと抵抗が大きくてキャストしにくいフライになる(A)
b0208961_14553031.png

だからと言って、抵抗を減らすためにインジケーターを小さく残すと見にくいフライになる(B)





そこで考えたのが、インジケーターの一部を長く残す方法(C)
b0208961_1456042.jpg

これならキャスト時に長いインジケーターが後方に倒れ抵抗が減り、なおかつ視認性も良い。



最初は前側を切り落として後ろ側を残していたんだけど、キャスト時に長い部分が後方に倒れっぱなしになってしまった。




最新のモノは前側を切り残す方法に変えてみました(D)
b0208961_14592822.jpg

こうすることで長い部分が後方に倒れそうになっても、後ろの短い部分が支えとなって倒れないんです。


ポストには十分な強度があり、インジケーターはキャスト時の抵抗が少なく、ドリフト時は見やすい。
by keipapa3 | 2015-08-19 18:19 | タイイング | Comments(0)
←menuへ