もり蕎麦の丸い簀子(すのこ)


もり蕎麦は、皿に高く盛り上げるので、「もり蕎麦」 と言うそうです。

b0208961_13151047.jpg

注)お蕎麦屋さんではお皿に直接盛らずに簀子を敷いている場合が多いですよね。





え~ 笊に盛ることの多い渓パパ庵の蕎麦ですが、今日は簀子を敷いた皿に盛ってみました。
b0208961_13153974.jpg






パスタの影響なのか中央を高く盛るお蕎麦屋さんもあるようです。
b0208961_1316365.jpg





水切りと言う面から考えれば、中央が高い山盛りにせずに全体に薄く盛ったほうがいいように思います。
b0208961_1412550.jpg





食べ終わった簀子の表面には水が浮いていますが、
b0208961_13172847.jpg





簀子をめくっても、お皿に水は垂れていないんですよ。
b0208961_1317456.jpg

注)簀子から水が垂れているようでは水切りが甘い証拠。





お皿に蕎麦を盛るのに、簀子を敷く必要ってあるのかな?
b0208961_1318640.jpg



あっ! 蒸籠(せいろ)には四角い簀子が敷いてあるので、お皿に丸い簀子を敷くのはその名残なのかもしれません。
by keipapa3 | 2015-04-10 18:50 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ