粉ワサビを練って

今日3月21日の春彼岸の中日は秋田県内の渓流釣りの解禁日。

b0208961_14242768.jpg





・・・でも、川にはたくさんの雪があるので、ご先祖様に挨拶した後はおとなしく家で蕎麦打ちです。
b0208961_14244938.jpg

蕎麦の乱れは心の乱れ!





なかなか上達しないな~
b0208961_1425956.jpg





え~ 今日は薬味に粉ワサビを練ってみました。
b0208961_15153262.jpg

注)粉ワサビとは香の少ない西洋ワサビを緑色に着色したもの。





渓パパが子供の頃にはチューブ入りのワサビはまだなくて、どこの家庭でも粉ワサビを練ったものです。
b0208961_14252432.jpg

一手間かかりますが粉ワサビを練ったものはチューブ入りのワサビより美味しいです。





あっ! ラップもまだなくて、練ったワサビは辛味が飛ばないように逆さまに伏せて置いたものです。
b0208961_14264654.jpg





え~ お蕎麦屋さんで見ていると、ワサビを汁に溶かずに蕎麦に塗って食べる人や、
b0208961_14271329.jpg





いきなり汁に溶いてしまう人もいて面白い。
b0208961_14273772.jpg





それに、蕎麦にワサビを使わない人や、蕎麦を手繰る合間にワサビだけをつまむ人もいます。
b0208961_14304023.jpg


ん~薬味のワサビの使い方も人それぞれですね~

渓パパは蕎麦にはワサビより大根おろしが合うと思います。
by keipapa3 | 2015-03-21 15:49 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ