蕎麦の自慢はお里が知れる

元々、田んぼだったところに転作として蒔いた蕎麦と、

b0208961_11213841.jpg




山に蒔いた蕎麦では、山に蒔いた蕎麦の方が美味いとラジオで聞きました。
b0208961_1114067.jpg





米と蕎麦では適する生育環境が異なると言うことか。
b0208961_11114747.jpg






蕎麦は土地が冷涼で痩せているところで育つ作物であることから、米を作るには適さない貧しい土地の象徴なんです。
b0208961_11121967.jpg

注)十和田高原の蕎麦畑





農村における蕎麦は米が凶作だった時の救荒作物であり、山村における蕎麦は米が採れないので常食だったんですね。
b0208961_1514586.jpg


「蕎麦の自慢はお里が知れる」 と言いますよね。

蕎麦自慢は、米が採れない貧しいところの出身と言うことで、自慢にならないと言う意味。
by keipapa3 | 2015-02-26 17:49 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2015-02-27 22:50 x
ん~
すかだねべおん

でもそのおかげで美味しい蕎麦を食べられるようになったのですから「蕎麦自慢」に感謝したいニャンコです♪
Commented by keipapa3 at 2015-02-28 08:27
ニャンコさん
米ばかり作って、キリタンポを食べ、日本酒を飲んできた秋田県人。
あきたこまちに頼り切った秋田の農業は今が転換期なのかもしれません。
←menuへ