三角の麺帯


蕎麦の角をカッチリ立てるには、包丁を手前から向こうに押し切りすると良い。



広く延ばした蕎麦生地を折りたたんで、切り板(まな板)に乗せた麺帯。

b0208961_1132595.jpg





庖丁を真上から切り板に下ろして切ると麺線の角が立ちにくいので、庖丁を向こう側にスライドさせて切るのですが、
b0208961_11382851.png

そうすると、切り板の上を麺帯が動いてしまい、その結果として麺帯が三角に切れるんです。





もちろん駒板で上手く抑えることができればいいのですが、素人の渓パパには難しい!!
b0208961_13144233.jpg





・・・で、麺帯を動かないようにする段差を付けた切り板(まな板)を作ったら、
b0208961_13344096.jpg






駒板の水平も保たれるし、
b0208961_11312692.jpg






これなら麺帯が動かないので、初心者でも三角にならずに上手く切れるんです。
b0208961_14059.jpg





・・・でも、大きな麺帯は一人前に分けてからでないとが切ることはできませんでした。
b0208961_15202952.jpg



今度は大きな麺帯でも動かない切り板を考えてみようと思っています。


そんなことばかり考えているから、いつまでたっても上手く切れないんだ。
by keipapa3 | 2014-12-11 18:25 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ