がごめ昆布


がごめ昆布は、函館東海岸に生育している珍しい昆布。

b0208961_91942100.jpg

注)葉全体にある凸凹が 「籠の目」 に似ていることから 「がごめ」 と呼ぶらしい。





おぼろ昆布、とろろ昆布、松前漬などに使われています。
b0208961_8382158.jpg

最近、ウドンを打っていないな~





え~ そのがごめ昆布の粉末。
b0208961_8385451.jpg





蕎麦汁を加えてしばし待つと、すると凄~いネバネバ。
b0208961_8391745.jpg





手打ち蕎麦にかけて手繰ってみます。
b0208961_8393891.jpg





かますと(かき混ぜると)さらに凄い粘りで、一塊になって持ち上がって来ちゃいます。
b0208961_8401259.jpg

粘りが強すぎて上手く啜れないし、新蕎麦の香りもあまり感じなくなってしまいました(>_<)





あっ! 太くてコシのある手打ちウドンなら、がごめ昆布の強い粘りに負けないかも・・・。
b0208961_1618273.jpg




今度はウドンで試してみよう♪
by keipapa3 | 2014-12-02 18:12 | 蕎麦打ち | Comments(0)
←menuへ