二日目のきりたんぽの汁


昨日、11月11日は 「たんぽ小町ちゃん」 の10回目の誕生日でした。

b0208961_94459100.jpg

ご家族できりたんぽ鍋を囲まれた方も多いのではないでしょうか。





11月11日が誕生日なのは、囲炉裏端に立てて並べたタンポが1111に見えるからだとか。
b0208961_945217.jpg

注)ポッキー&プリッツの日も確か11月11日




え~ きりたんぽは二日目が美味しいなんて言う人もいますよね。




昨日の残ったきりたんぽの汁を小鍋に分けて温めます。
b0208961_1031911.jpg





少しだけ濃く味を付け直して蕎麦を食べても美味しいですよ。
b0208961_10353271.jpg





干し蕎麦でももちろんOK
b0208961_1041401.jpg

注)全日本製麺協同組合連合会では毎月11日を「麺の日」と定めています。





各種イベントで活躍中のたんぽ小町ちゃんと県のマスコットキャラクターのスギッチのツーショット!
b0208961_9454049.jpg



ちなみに、小町とは小野小町が美人だったことから、 「美しい娘」 と言う意味です。
by keipapa3 | 2014-11-12 18:08 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2014-11-12 23:56 x
昔は町のタバコ屋さんや八百屋さんなどに〇〇小町と呼ばれる看板娘さんがいたものでしたが…

あ、きりたんぽ汁の話でしたっけ
これは何故かうどんでいただくニャンコです。
きりたんぽ汁とカレー汁の二つだけは蕎麦を裏切りこっそりうどんに浮気をしてしまう不届き者?(笑)
Commented by keipapa3 at 2014-11-13 12:03
ニャンコさん
秋田小町と言えば藤あや子、加藤夏希、佐々木希、
あっ! それから桜田淳子をお忘れなく(笑)
比内地鶏のガラから取った出汁と浅利佐助商店さんの福寿醤油なら、
蕎麦でもウドンでもOK~♪
←menuへ