馬鹿者か紳士か

9月20日は雨の予報でしたが、秋田県の渓流最終日なので行かない訳にはいきませんよね。



え~ 釣竿とは、

b0208961_1532254.jpg





一方の端には釣り針を、
b0208961_15322077.jpg





他方の端には馬鹿者をつけた棒の事である。
b0208961_15314352.jpg





18世紀 英国(イングランド)の文学者:サミュエル・ジョンソンの名言
b0208961_1625958.jpg

フライフィッシングの起源はイギリスと言われており、釣竿とはフライロッドの事を指しているのかも・・・。





あっ!  「フライフィッシングは紳士のたしなみ」 とも言いますけど。
b0208961_1525567.jpg





シーズン最終日には、また、しばらく会えないのか~とセンチメンタルになりますね。
b0208961_16365132.jpg





・・・と同時に、あと何年この釣りができるのだろうとか考えたりして(若い頃には考えたこともなかったけれど)
b0208961_16371419.jpg





おにぎりを持ってきたのにお昼前に雨が降り出しました。
b0208961_1523472.jpg





カッパを装備していましたが、山から下りて下流部をうろちょろしていたら、橋の欄干の下にスズメバチの巣を発見!!
b0208961_15242377.jpg







今年のモノでハチがぶんぶん飛び交っていました(お~怖っ)
b0208961_1524447.jpg





あっ! 今シーズン最後の一匹となったのは、このチビイワナ。
b0208961_15425263.jpg





コンクリートブロックの隙間から飛び出しました。
b0208961_15433880.jpg





堰堤下のコンクリートブロックの隙間にダッピング(提灯釣り)でフライを落とすと、キャストせずに釣れるんです。
b0208961_15451341.jpg

最後ぐらいはかっこよくロングキャストしてビシッと釣りたかったな~(苦笑)





4月23日に人工骨頭置換術を受け、今シーズンは釣りに行かないと決めていたのですが、

手術から130日目の8月31日には我慢できずに現場復帰しました。


やっぱり釣竿の片方には紳士ではなく馬鹿者がついているようです。
by keipapa3 | 2014-09-20 16:16 | 釣行記 | Comments(6)
Commented by ニャンコ at 2014-09-20 20:02 x
いや…
というよりも「お馬鹿な紳士」がくっついているのでは?

乱獲や自然破壊はしませんし普段は良識を持った善良な社会人。ただ釣りのためには他が見えなくなってしまうだけですから。

ん? やっぱりタダのおバカか(笑)
Commented by かずき at 2014-09-20 21:24 x
馬鹿者で結構じゃないですか(^^)
現場復帰が9月でしょう?
今年は馬鹿者キャリアが浅過ぎます(笑)

秋田渓流釣り最終日、お疲れ様でした!

Commented by keipapa3 at 2014-09-21 10:02
ニャンコさん
せっかく歩けるようにして頂いたのだから、
人工骨頭を大事に使って長持ちさせようと言う考え方もあるんですが、
せっかく歩けるようにして頂いたのだから、
人工骨頭に負担になっても人生好きなことをして過ごしたいと言う考えもあります。
ま~ 最後は人生哲学の問題でしょうか。
Commented by keipapa3 at 2014-09-21 10:02
かずきさん
お互いにお疲れ様でした。
今シーズンの釣行回数を数えたら7回でした。
現場復帰から禁漁までの21日のうち7回です。
9月はお天気に恵まれたとはいえ三日に一回のペースでした(笑)
釣りバカ人生も楽しいですね♪
生まれ変わっても、きっとまたフライをやるんだろうな~
Commented by パイン at 2014-09-22 22:50 x
渓パパさんこんばんは♪

シーズン終了お疲れ様でした!!
終盤からとはいえ見事な渓流復帰のご様子を毎回読ませていただきました!!
今シーズンは見送られるかと思いきや、渓魚達は話が違うと戸惑ってしまったのでは??

私はあと数回の釣行をもって今シーズンを終えたいと思っております!!

またお邪魔致します♪
Commented by keipapa3 at 2014-09-23 08:07
パインさんこんにちは♪
今シーズンは諦めていたので、シーズン中に復帰できたのは儲けもので、
魚たちはいつものように迎えてくれました。
パインさんはラストスパートですね。いい釣りで締めくくれますように・・・。
←menuへ