二枚使い


以前、茗荷の葉っぱを笊に敷いて、蕎麦を盛る話を書きました。


b0208961_13112595.jpg





一枚では、
b0208961_13114659.jpg





こんな感じの彩に盛り付けられました。
b0208961_1312880.jpg



・・・で、茗荷の葉っぱはたくさんあるので、いろんな敷き方を試してみました。




先ずはお皿に二枚を平行に敷いてみました。
b0208961_13125642.jpg




こんな感じの彩にり上がりました。
b0208961_13132188.jpg






次は笊に二枚をクロスしてみました。
b0208961_13134443.jpg





ん~ 笊に葉っぱを敷くと、蕎麦を笊に盛る意味がないかも(笑)
b0208961_131410100.jpg





家の周りに生えている葉っぱを使っているのでコストは発生しません。
b0208961_13143477.jpg



茗荷の葉っぱは霜が降りる頃まで使えそうです。
by keipapa3 | 2014-09-03 17:35 | 蕎麦打ち | Comments(4)
Commented by ニャンコ at 2014-09-03 23:38 x
それは葉っぱが茗荷だからサマにならないのでは?
うん、そうだ。そうに決まっている!
嘘だと思ったらM様に訊いてみてください!(笑)
Commented by keipapa3 at 2014-09-04 12:04
ニャンコさん
ん~やっぱり茗荷の葉っぱじゃ様になりませんかね~
今度、山形県の板そばの様に浅い木箱に盛ってみようかな。
あっ! 器の前に蕎麦自体が美味しくないとダメですね。
Commented by ニャンコ at 2014-09-04 13:51 x
ってか、お蕎麦を茗荷の葉っぱに乗せた時点でどんな蕎麦でもニャンコの食欲が減退してしまうという事で…(笑)

笹にしましょうよ~
Commented by keipapa3 at 2014-09-04 17:52
さっさー(笑)
←menuへ