冷やかけじゅんさい蕎麦

妻Mの同僚Mさんのじゅんさい沼で摘ませて頂いたじゅんさいでじゅんさい蕎麦(冷)を食べました。


じゅんさいは箱舟に乗って採るらしく、とても重労働なので貴重なものらしいです。
b0208961_14324919.jpg





いつもの食えない蕎麦を打つ前に、かけ汁を冷蔵庫で冷たくしておきます(ここ大事)
b0208961_14341433.jpg

注)ガラスの器も冷やしておくとなお結構。





しっかり水を切った蕎麦にとろろとじゅんさいをたっぷりトッピング。
b0208961_14343727.jpg





彩に茹でたオクラを散らしたら、冷たいかけ汁をひたひたにかけます。
b0208961_1435555.jpg





ん~ 今日は奮発して柚子を丸ごと一個使います。
b0208961_14362283.jpg

じゅんさいには味がないのでお酢や柑橘類の酸味ととてもよく合うと思います。




柚子の爽やかな香りが食欲をかき立てますね~
b0208961_14363914.jpg





冷やかけじゅんさい蕎麦の完成~♪  ガラスの器が涼しさを演出しています。
b0208961_1437751.jpg





いつもの箸止め写真(今まで食べた蕎麦の中で一番高い蕎麦です)
b0208961_1438781.jpg



あっ! 妻Mに出したじゅんさい蕎麦の柚子は、渓パパが食べた時の柚子の使い回し(笑)

・・・だって、柚子一個で180円もしたんだよ!
by keipapa3 | 2014-07-06 15:07 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2014-07-06 19:04 x
BS 見ましたよ。
秋田県通過でしたね。
渓パパさんもチャリ旅懐かしいのでは?(笑)

ジュンサイネバネバ蕎麦ですね♪
柚子がさっぱり感を添えてくれそうですね。
Commented by keipapa3 at 2014-07-07 12:04
ニャンコさん
NHKの「にっぽん縦断 こころ旅」渓パパも見ましたよ。
一枚目の写真は番組の映像を写しました(本当はいけないのかな?)
自転車ツーリング懐かしいですね、高校生だった頃を思い出しました。
自宅から282号で坂梨峠を越えて碇ヶ関へ、碇ヶ関から7号線で大館へ、
大館から県道2号線で自宅まで帰れました。

冷たい汁は温かいのに比べ香りが立たないので少し濃いめにし、
柚子が手に入らなければ手軽なレモンで代用してもいいし、
かけ汁にポン酢を少し加えてもそれなりにさっぱりします。
見た目も涼しげな蕎麦なので暑気払いにいかがしょう?
←menuへ