細かいことは気にせずに


寝ても覚めても脚の事ばかり考えていては気が滅入ってしまうので、渓パパ庵の蕎麦を打ってみることにしました。

b0208961_1654765.jpg





ま~端っこがひび割れていますが気にしない気にしない(笑)
b0208961_16671.jpg





太いの細いの混じっていますが気にしない気にしない(笑)
b0208961_16164645.jpg





あっ! 薬味の葱を切らしていましたが気にしない気にしない(笑)
b0208961_167439.jpg

一枚目は母Mに毒見してもらいました。





渓パパ用の二枚目は葱がないので急遽大根をおろしておおろし蕎麦♪
b0208961_1673184.jpg





白い蕎麦に白い大根では彩に欠けるけれど気にしない気にしない(笑)
b0208961_1682085.jpg





ドバっと汁をぶっかけて、蕎麦をズルズル手繰れば幸せ気分だべ。
b0208961_1684151.jpg


道具の準備から蕎麦湯を飲んで片付け終わるまで一時間半ぐらい。


脚のことは忘れて純粋に蕎麦打ちを楽しむことができました。
by keipapa3 | 2014-06-13 16:51 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2014-06-13 22:25 x
よかったですね
何でも夢中になれる事があるのは良い事ですよね。
蕎麦は食べる楽しみも♪

いつかぜったいご馳走になりたいです(笑)
Commented by keipapa3 at 2014-06-14 17:58
ニャンコさん
水回しすると立ち上がる蕎麦粉の香、切る時の駒鳴りの音、
蕎麦を洗う時の水の冷たさ、蕎麦打ちは五感を刺激する遊びです。
魚釣りは暫らくできそうにありませんが、蕎麦打ちなら楽しめそうです。
←menuへ