春色のフライ


春は淡い色の虫からハッチが始まり、季節が進むに従って次第に濃い色の虫がハッチするのだそうです。

b0208961_14532785.jpg

注)若い頃に読んだフライ雑誌にそう書いてありました。





・・・で、渓パパも春用の淡い色のフライを巻くために淡い色のハックルや、
b0208961_1454929.jpg





淡い色のダビング材や、
b0208961_14542997.jpg





淡い色のスレットを買い揃えました。
b0208961_14545964.jpg





・・・でも、雪代が落ち着いて渓魚が水面を意識するようになると、いきなり濃い色のフライで釣れるようになります。
b0208961_14553248.jpg

注)渓パパがよく行くフィールドに限った話です。





いわゆるアーリーシーズンがないのでミッジも必要ないし、淡い色のフライも本当は必要ないんです。
b0208961_1456193.jpg





ま~ テレストリアルを意識した濃い色のパターンと、プールでの渋いライズ狙い用にCDCダンがあれば事足りてしまうんです。
b0208961_14561958.jpg

ま~ 雑誌に躍らされて、本当に必要なものを見極められなかったんですね。




買って一度は試してみたものの、二度と使わないマテリアルやツールもいっぱいあったな~(遠い目)
by keipapa3 | 2014-02-17 17:57 | タイイング | Comments(4)
Commented by madaibaka at 2014-02-17 23:00
確かに私も真鯛釣りにいろんな仕掛けやら、グッズを揃えましたが、実際に使うのは限られたものばかり(。>д<)まぁコレクションと思えば問題ありませんけどね(^_^;)
Commented by ニャンコ at 2014-02-18 11:44 x
売っておいてなんですが…
使わないマテリアル。使わないFリール。使わないFロッド…。
どさっとあります。
それに磯、投げ、船、小物釣り用品を広げたら部屋がたいへんな事になります(笑)

ハックルはブラウン、グリズリー。フライライトのグレー。ピーコックハールとT社のエアロドライウイング。スレッドが黒と茶。
これだけでフルシーズンを遊ぶニャンコです。

牛のしっぽやうさぎの耳。雉の尾っぽや七面鳥。その他いろいろのナチュラルマテリアル…
年に一度、虫除け剤入れ替えの時に「ああ、こんなの持ってたんだ」と思い出すだけでずーっと箱の中で眠っています (合掌)
Commented by keipapa3 at 2014-02-18 12:20
真鯛バカさん
ご存知の通りFFの世界には釣り雑誌に頻繁に出たり
釣法のDVDを出しているカリスマ的フライマンがいるんです。
・・・で、カリスマ釣り師がこれいいと煽ると、みんなこぞって真似するんですよね。
ま~釣り具メーカーと釣具店とメディアが結託しているんです。
Commented by keipapa3 at 2014-02-18 12:21
ニャンコさん
こんな記事を書くと、釣り具メーカーや釣具店さんから営業妨害だって訴えられますね(笑)
カーフテールやハーズイヤーなどは数年前に思い切って処分しました。
ま~渓流の釣り上がりの釣りで使うマテリアルはこんなものですよね。
あっ! 渓パパはフライライトよりスーパーファインダビングが気に入ったので
何色も(無駄に)揃えたフライライトを処分しました。
←menuへ