難しい簡単蕎麦打ち道具



「魔法の延し板」 とは一人前の蕎麦生地を均等な厚さで長く伸ばせる板。

b0208961_9324182.jpg





円筒形に丸めた蕎麦生地を麺棒で縦に延ばすだけ。
b0208961_933192.jpg




・・・で、mizuさんの蕎麦切り庖丁の刃の長さに合ったのし板を受注したので、縦の長さを短くしその分だけ横幅を拡げてみました。
b0208961_931475.jpg





・・・で、実際に蕎麦の生地を延ばしてみたら問題が発生(>_<)
b0208961_945201.jpg





幅が広くなると円筒形に丸めて縦に延ばしただけではイラストのようになってしまい上手く延びないんですよ
b0208961_9335886.png





途中で横に延ばしたりすればなんとかなるのですが・・・
b0208961_945225.jpg

長さが短くなった分、幅を広げれば済むと簡単に考えていたのに、簡単蕎麦打ちは難しいな~




何かよい解決策はあるのか?
by keipapa3 | 2014-02-12 17:45 | 蕎麦打ち | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2014-02-12 22:48 x
「簡単」を物にするのがとっても難しいんですね。
だから世の中に特許というご褒美があるのかな♪
Commented by keipapa3 at 2014-02-13 12:14
ニャンコさん
フランク・マタリレのウィップフィニッシャーは、
針金を曲げただけなのにあんなに凄い道具になるんですよね。
フライフィッシングもそうですが、手打ち蕎麦って敷居が高そうですよね。
そんな手打ち蕎麦をご家庭で簡単お手軽に楽しめるようにしたいんです。
そのために麺帯をピザカッターで切ってみたり、いろいろ試しているわけです。
←menuへ