チャート リュース

昨シーズン、チャートリュース色の虫を見つけました。

b0208961_951513.jpg

注)知らない虫を触ってはいけないし、仮に触れてしまったとしても掻いたりしてはけません。





ちなみにチャートリュースはシャルトリューズと言うお酒の名前が語源になっているんですよね。
b0208961_1065434.jpg





リキュールの女王と称されていて、緑をヴェール 黄色をジョーヌと呼ぶらしい。
b0208961_9513346.jpg

注)このお酒からチャートカラーが生まれたとか。





・・・で、蛍光グリーンのADWを使ってフライ巻いてみました。
b0208961_9515942.jpg

注)チャートカラーはルアーによく使われていて、水が濁っていてもアピール力が半端ないんだって。





スレッドとハックルストークをねじ合わせる ねじねじハックル にします。
b0208961_12202166.jpg





ボディーにハックルを巻いただけの何のひねりもないフライ(苦笑)
b0208961_18263782.jpg





カラーと形状を似せただけでは釣れるフライにならないんですよね(―_―)!!
b0208961_18265583.jpg





フライとして機能するには投射性や水面での安定性やフッキング性能などいろんな機能が求められます。
b0208961_18272077.jpg

渓パパは濁った水でドライフライは使わないので、たぶん一生出番はないだろうな~



こうして、フライボックスに眠ったままになるフライが増えてゆくんです(笑)
by keipapa3 | 2014-01-28 18:51 | タイイング | Comments(4)
Commented by ニャンコ at 2014-01-29 13:04 x
F.Boxの肥しになるんですね(笑)

元から毛虫が苦手なニャンコはどうしてもブナ虫フライや毛虫フライが使えません。Boxに入ってるのもちょっと…

毛が無い虫は触れるんですけどね♪
Commented by keipapa3 at 2014-01-29 18:02
ニャンコさん
ミミズやゴカイを触れれば釣り師としてはOKでしょう。
え~ ミミズに粒子の細かい乾いた砂をまぶすと、
滑らなくなり釣り針を刺しやすくなるんですよね。
あっ! フライの話からそれてしまいました。
Commented by ニャンコ at 2014-01-29 21:49 x
子供の頃はサシドリ虫とアワフキムシをメインに使っていました。
サシドリ虫が可愛くて♪
Commented by keipapa3 at 2014-01-30 12:06
ニャンコさん
へ~泡虫を餌にするんですか? 知りませんでした。
今シーズン餌釣りしてみようかな~
←menuへ