疑似餌

ここ数年、渓パパのお気に入りのフライ♪

b0208961_9531460.jpg

ボディーハックルの下側のファイバーをカットし、フロントハックルを巻いたフライ。





特定のモデルの虫はないけど、何となく虫っぽければ秋田のイワナは吸い込んでくれます。
b0208961_9485867.jpg





妻Mはカゲロウとトンボを区別できないので、イワナだって細かなことは区別できない(と思う)
b0208961_9462692.jpg






エルクヘアカディスから本物のカディスを連想できる人はフライマンだけ(笑)
b0208961_949257.jpg





渓パパ的には硬い虫は美味くない感じがするけど、イワナは丸呑みするから硬くても柔らかくても関係ない(と思う)
b0208961_9533388.jpg






こじつければ渓パパのフライはこれに一番似ているかな~
b0208961_11414468.jpg





窓の外は雪で真っ白な世界ですが、緑の中をいろんな虫が飛び交う渓流をイメージしながらフライを巻こう♪
b0208961_946846.jpg



フライフィッシングって一年中楽しめる釣りなんですよね~(蕎麦打ちも楽しいけれど)
by keipapa3 | 2014-01-22 17:53 | タイイング | Comments(2)
Commented by ニャンコ at 2014-01-23 13:42 x
やっとフライがでて来ましたね。

今年も新しいパターンを開発でしょうか。
楽しみにしています♪
Commented by keipapa3 at 2014-01-23 18:14
ニャンコさん
ローガン鏡のお世話になる年になると、同じフライパターンの量産は長続きしません。
・・・で、新しいフライを考えるのですがオリジナル性のあるフライはかなかな・・・。
←menuへ