キノコに足止め

残しておいた夏季休暇を使って9月13日に平日釣行しました。

b0208961_16272855.jpg




ま~平日釣行と言っても特に大きいのが釣れるでもなく、むちゃくちゃたくさん釣れるでもなく・・・。
b0208961_1628318.jpg





・・・で、ふと川岸の倒木に目をやるとなにやら黄色いポツポツが・・・。
b0208961_16282660.jpg





近づいてみるとやっぱりサモダシ(ナラタケ)です。
b0208961_16311357.jpg





こんな時のために渓パパのリュックにはお持ち帰り袋が常に装備されているんです。
b0208961_16313419.jpg





ま~キノコを採るのは良いのですが、そのあとキノコが出そうな倒木や立ち枯れが気になって釣りに集中できません。
b0208961_16315573.jpg





キノコに足止めされたので一旦ロッドを置いてキノコ採りに集中しようとしますが、
b0208961_16322759.jpg





キノコを採っていると今度は川が気になってキノコ採りに集中できません。
b0208961_16325121.jpg

体が二つ欲しいとはこんな時に使う言葉なのでしょうか?






サモダシは例年なら渓流が禁漁になってから出始めるキノコなのですが今年は発生時期が異常に早い。
b0208961_16332540.jpg

ちなみの去年のブログを見てみると10月29日にサモダシの記事が書いてあります。





去年の今頃は渇水で釣りが厳しかったけれど、今年の秋は雨が多かったからキノコも早く出たのか。
b0208961_16342256.jpg

ま~魚は持って帰っても家では誰も喜ばないけれど、サモダシは母Mや東京に暮らす兄Mも喜びます。



キノコ採りも楽しいけれど、せめて渓流釣りが禁漁になってからキノコが出て欲しいと思った欲張りな渓パパです。
by keipapa3 | 2013-09-15 17:20 | 釣行記 | Comments(0)
←menuへ