偶然の出会い


昨日、ジムニーで沈下橋を渡っていたら川に見覚えのるテンカラ師のTさん(真鯛バカさんもご存知のお方)




テンカラ釣法を見せていただき勉強しようとご一緒させて頂きました。
b0208961_8331310.jpg





なるほど、テンカラとはいってもフロータント処理したパラシュートフライを使って水面で出るのを見て掛ける釣り方ですね。
b0208961_8445928.jpg





川から上がって車止めまで歩いていたら、Tさんのお知り合いのMさんと言う方が川にやってきました。




・・・で、Tさんは帰られると言うので、渓パパは初対面のMさんとご一緒させて頂くことにしました。





Mさんの後ろをストーカーの様についてゆきどんな釣りか見させていただきました。
b0208961_8333974.jpg





Mさんは石化け木化けでポイントににじり寄り、渓パパより長いロッドと渓パパより短いリーダーティペットを駆使して、
b0208961_8342948.jpg

ロッドを高く掲げてフライラインは殆ど水面に付けない釣り方で釣り上げてゆきます。





あっ! 渓パパ式リリーサーの使い方を教えてあげたら関心を示してくれました。
b0208961_8455626.jpg





・・・で、お近づきの印に渓パパ式リリーサーを差し上げました。
b0208961_8345086.jpg

注)ピンオンリールはご自分でご用意くださいませ。



Mさん機会がありましたらまたご一緒してください。
by keipapa3 | 2013-07-22 18:03 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by パイン at 2013-07-23 00:01 x
渓パパさんこんばんは♪

初対面の人との釣り・・新鮮ですよね!!
私も経験あるのですが、同じ趣味を持つ者通しって生意気ながら貴重だなぁ・・等と思います!!

あ!私も何時か渓パパ式リリーサー貰いに行っても良いですか(笑)??
Commented by keipapa3 at 2013-07-23 12:13
パインさんこんにちは
渓流のフライフィッシングと一口に言っても
フライマンによりいろいろなスタイルがあるんですよね。
往々にしてフライマンは自分の釣り方に強いこだわりを持っているものですが
渓パパは人様の釣りを見せてもらい、
いいな~と思えば何でも取り入れるタイプの人間です。
渓パパ式リリーサーは差し上げてもいいんですが交通費が高くつきますよ。
ステンレスの針金と使い古しのフライラインがあれば簡単に作れるので
是非、作ってお試しください。
←menuへ