ノースさんも解禁


昨日はノースさんとご一緒させて頂きました。


前日の釣りを反省して、山が深くない川を選択したんですが・・・。

b0208961_8491294.jpg




出ない。 




あちこちと移動を繰り返して、ある民家の小屋の前を通ったら、窓ガラスに大量のヘップリ虫。うひゃ~気持ちわり~
b0208961_8501170.jpg

写真じゃわからないけれどこれがモゾモゾと動き回るんですよ。





気持ちを切り替えて釣り再開。ノースさん解禁♪
b0208961_8513194.jpg





ノースさんが先行しているときには渓パパは川の周囲を散策。え~こごみはホゲでいました
b0208961_8514445.jpg





秋田弁で 「ホゲる」 は成長し過ぎて固くなってしまい食べごろを過ぎてしまうこと。
b0208961_13474112.jpg

標準語で言うと 「薹(とう)が立つ」 でしょうか。





ミズはまだ若くて、これからですね~
b0208961_8522779.jpg





釣り上がっていると川岸の砂地にミツバチが。
b0208961_8524218.jpg





渓パパは以前、この川でミツバチを飽食してお腹がパンパンのイワナを釣ったことがあります。
b0208961_853548.jpg

口からミツバチが見えて、お腹を触るとゴツゴツしていました。





人間は蜂が毒針を持った怖い虫だとわかるんですがイワナはそんなこと知らないんだよね~
b0208961_8531763.jpg



だから、釣り針が仕込まれたフライも食べちゃうんだ。
by keipapa3 | 2013-05-27 19:31 | 釣行記 | Comments(10)
Commented by ノース at 2013-05-27 21:53 x
昨日はどうもありがとうございました。釣果はいまいちでしたがこれからですよね。とりあえずキャストをなんとかせねば。いまだにあのエリートカメムシが頭から離れません。
Commented by パイン at 2013-05-27 21:59 x
渓パパさんこんばは

釣行お疲れ様です。
蜂の補食…まさにマッチ・ザ・ミツバチハッチ(苦)!!!
補食した蜂に刺されたりしないんですかね??
※センス無きコメント申し訳ありません!!
m(_ _)m
Commented by 電話屋 at 2013-05-27 22:25 x
ミツバチ好きの岩魚、釣ったことありますよ。
渓パパさんちの近くだと思う。
ヽ( ´∀`)ノ
Commented by keipapa3 at 2013-05-28 08:18
ノースさん
パッとしませんでしたね。
ま~これからこれから・・・。
あのヘップリは凄かったですね、思い出すとご飯が食べられません。
またご一緒しましょう♪
Commented by keipapa3 at 2013-05-28 08:19
電話屋さん
電話屋さんもミツバチを食べていたイワナを釣ったことがありましたか。
鉱山の煙害対策で酸性の土壌でも育つアカシアを植えたんです。
そのアカシアの蜜を求めて全国から養蜂業者が集まってくるんです。
Commented by keipapa3 at 2013-05-28 08:23
パインさん
こんにちは、
イワナは痛覚がないと言う話もありますが不思議ですよね。
毒蛾を食べて口が腫れ上がっているイワナも見たことがありません(笑)
人間にとって有害な物質でも耐性を持っているんですかね。
Commented by ニャンコ at 2013-05-28 16:45 x
にしてもカメムシはキモいですね。
岩魚の腹からカメムシが出て来ない事を祈ります。
ヘップリムシの噂が高い七滝温泉の露天風呂はもう危ないかな(笑)
Commented by keipapa3 at 2013-05-28 19:32
ニャンコさん
本当はもっと気持ち悪い写真を撮れたんですが、
虫嫌いの方にページを閉じられないように思い手加減しました。
虫がいたりや葉っぱ入っているのが露天風呂ですよ。
Commented by 小坂鉄道 元車掌 at 2013-05-29 07:54 x
 この季節いつも家の中にはどこから入ってきたのかヘップリムシがいます。外に追い出すのに苦労します。
 ミズもおいしそうです。田代岳方面では初タケノコが採れたそうですね。
Commented by keipapa3 at 2013-05-29 12:19
小坂鉄道 元車掌さん
冬を越したヘップリ虫が活発に蠢きだす季節ですね。
一匹二匹ならこんな方法やhttp://keipapa3.exblog.jp/14171864/
もっと多いならこんな方法もありますよ。http://keipapa3.exblog.jp/19297328/
近年は住宅の性能がアップして高気密・高断熱の家では
雪国秋田にもかかわらず冬でもヘップリが家の中を飛んだりします。
←menuへ