渓慶


渓パパはタイイングバイスの下にバットを敷いて、細かい切りくずが散らからないようにして、

b0208961_1333356.jpg





さらに、厚い木の板とバットの立ち上がりの間に、樹脂製の板を立て掛けてプロフィールプレート代わりにしています。
b0208961_13414571.jpg

樹脂製の板は何色か用意しておき、巻くフライによって一番見やすい色に変えます。





こっちの方が分かり易いかな~
b0208961_13335893.jpg





実はこの厚い木の板の裏側には一匹の山女魚が彫られているんです。
b0208961_13343086.jpg



鎌倉時代の仏師 運慶の孫弟子の孫弟子の子孫、渓慶の作と伝えられています(笑)
by keipapa3 | 2013-03-06 17:46 | タイイング | Comments(0)
←menuへ