七つ道具


七つ道具と言えば、武蔵坊弁慶が有名ですが、こちらは雪かきの七つ道具。

b0208961_15223418.jpg

何の作業でも道具を上手に使い分けて、使いこなす事が仕上がりや作業効率に影響しますよね。





それで、こちらはタイイングの七つ道具(ヘアスタッカーとバイスを忘れました)
b0208961_15234862.jpg

注)数年前からローガン鏡も加わりました。



渓パパもタイイングを始めた若い頃には、いろんなツールを買って試してみたものです。


ハサミだけは切れ味が落ちてくるので買い替えますが、ここ何年も新しいツールは買っていないな~



ま~ フライ雑誌の広告に騙され惑わされなくなくなったということと、

へたくそなタイイングを道具のせいにしなくなったということです。
by keipapa3 | 2012-11-22 18:51 | タイイング | Comments(10)
Commented by かずき at 2012-11-22 20:22 x
七つ道具・・・

私は何だろうなぁ。
仕事では七つ以上に思いつくのですが・・・

私の住む茨城ではほとんど積雪が無いため
たまに10㎝くらい積もるとパニックになります(汗)

お恥ずかしい(-_-;)


Commented by mizu at 2012-11-22 20:52 x
去年購入した黄色いスノーダンプが壊れてしまいました。今年も購入予定です。
Commented by madaibaka at 2012-11-23 02:02
嫌な時期になりましたね~
私の釣り具にも老眼鏡は必須アイテムです!少し暗くなると手元が全く見えません・・・
Commented by keipapa3 at 2012-11-23 10:28
かずきさん
所変われば品変わるといいますが、
茨城県と言えば筑波山ですよね、スキー場はないんですか?
あ~それから、雪道用のスタットレスタイヤもないんですか?
写真に写っている黄色い道具をスノーダンプといい、各家々に必ずあるんですが、
茨城のホームセンターには売っていないんですか?
渓パパは東京で8年間過ごしたんですが、北関東は未知の世界です。
Commented by keipapa3 at 2012-11-23 10:28
mizuさん
鉄板製のスノーダンプは固まった雪や氷用で、樹脂製のものは新雪用にしています。
ハサミも新しく切れ味がいいうちは柔らかいものを専用に使い、
切れ味が落ちたら固いレッドワイヤやコパーワイヤ用に格下げ。
Commented by keipapa3 at 2012-11-23 10:29
真鯛バカさん
そうですね、嫌な季節になりましたね。
子供たちは自転車の乗り納めをしなくてはと言っています。
広い雪捨て場があれば除雪機を使えるんですが、
あっ!お隣を貰っちゃおうかな~
Commented by ニャンコ at 2012-11-23 16:03 x
しばらくはフライを巻くしかありませんねぇ。
私が始めた頃にユニバーサル型ハックルプライヤーは無かったです。
つい最近、やっと買いました。刻印を見たら古巣の製品でした(笑)
ハサミは(シザースと呼べない年代です)あれこれ手に入れましたが、皆一長一短で、結局自分で研いで、用途に合わせた刃先のものを使っています。
自分の道具(ツールとも呼べない)を見てみると、30年前の物が殆ど現役です。
物持ちがいいというか、メーカーからすればつまんね~客というか…(笑)
Commented by keipapa3 at 2012-11-23 22:57
ニャンコさん
渓パパが高校生の時に、釣具屋さんで初めて見たハックルプライヤーを(買えないので)
クリーニング屋さんの針金ハンガーを曲げてヤスリで削って作った記憶があります。
ハックル(蓑毛)は車のケバタキで巻いていました。懐かしいな~
Commented by いわなたろう at 2012-11-26 21:44 x
タイイングツール類は値段が手ごろなこともあって次から次へと手を出してしまいます、特にハックルプライヤー。
いくつ買ったか・・・まさに勉強代(笑)
結局プライヤーはドリン、ウィップフィニッシャー、ボビンホルダーはマタレリが一番使いやすく感じます。
はさみはハックルが買えそうな値段の目医者用やC&Fもありますが結局一番使うのはドクタースリックのニセモノ(笑)
そこそこ切れるし持ち替える手間がないので・・・
ようやく落ち着き試しに、なんて買うことがなくなりました。

ボクの住む信州諏訪は雪かきダンプの登場は年に2度ほどなのですが降った雪ががっちり凍ります。
ですので写真の6角バールと鉄の角スコは必需品(泣)
もうそろそろそんな時期ですネ。
Commented by keipapa3 at 2012-11-26 23:49
いわなたろうさん
そうなんですよ、購入に二の足を踏む値段なら今ので我慢できるんですが、
財布の口を開かせる微妙な値段の設定なんですよね(笑)
ん~フランク マタリレはまさに鬼才と呼ぶにふさわしい人物ですね。
渓パパの地元では金梃子(かなてこ)と呼びます。
←menuへ