四畳半アント(海賊版)


フライマンにとって夏と言えばアントですよね。

b0208961_8331281.jpg


・・・と言う訳で、the-kingfisherさんのオリジナル 「四畳半アント」 を違法コピーしてみました。



渓パパが若い頃にラバーレッグというマテリアルでフライに足を付けたんですが、ま~これがさっぱりダメ。

苦労して取り付けて逆に釣れなくなるんです(笑)

以来、今までドライフライにはレッグを付けたことがありませんでしたが、今回は完コピを目指してレッグを付けてみました。



ディアヘアはカクカク折れるのでコントロールしにくいですがどうにか巻き付けました。
b0208961_14592748.jpg

ん~確かにディアヘアで足を付けると虫らしさがアップしますよね(ラバーレッグとは大違い)





この後ADWでインジケーターとスタビライザーを取り付けます。
b0208961_14593215.jpg

ん~なるほど、ADWを取り付けた太い部分がそのままハックルの土台となる訳か。





ハックルをセットしてハックリング。
b0208961_1502346.jpg

インジケーターがハックルの前にあるので邪魔にならず容易にハックリングできます♪





ウィッツプフィニッシュはバイスをロータリーさせてアイを上に向けてやるとヘッドが良く見えるんだよね~
b0208961_1502241.jpg




インジケーターやハックルを巻くと人の見た目からはどんどん蟻からかけ離れていくように思いますが、

しかし、ドライフライの宿命として、視認性と浮力の確保は絶対条件ですからね~




最後にインジケーターとスタビライザーとなるADWを切りそろえます。
b0208961_1511819.jpg

インジケーターとスタビライザーは少し厚すぎたかな?




いろんな角度から眺めて、仕上がりをチェックします。(次にもっと上手く巻くためにはこれ大事)



昆虫学的にはこっちを腹側と呼んでいいのかな~
b0208961_1514582.jpg





お尻を後ろからもじっくり見てみます(いやらし意味はないですよ)
b0208961_1522333.jpg

アントのお尻が凸凹だな~ もっとプリップリッと仕上げなくては・・・。





ほいっ、ま~それでも、なんとか一丁上がり。
b0208961_1525071.jpg





ん~ディアヘアのレッグはラバーレッグより数段艶っぽいね~
b0208961_15112058.jpg




あっ、あれこれ勝手に書きましたが、完成したフライの写真をネットで見ただけでコピーしたものなので、

オリジナルとは巻き方の手順やバランスやボリュームが違うのかもしれません。


海賊版でもこれがあればthe-kingfisherさんのように大物をたくさん釣れるかな~
by keipapa3 | 2012-08-07 19:02 | タイイング | Comments(2)
Commented by SHIGEZO at 2012-08-07 21:07 x
前に、グリフィスナット2個分のフライを見たことがあって、それにヒントを得て、考えたのが・・・・・・・蟻2匹分のフライ。
蟻2匹・・・アント2尾・・・・アントニオ。
構想のみで、いまだタイイングしておりませんが・・・・。
オリジナルって、難しいですね!
Commented by keipapa3 at 2012-08-07 22:11
SHIGEZOさん
そうなんですよ、マテリアルやカラーを変えだけの、
自称オリジナルはこの世にたくさん存在しますが、
「四畳半アント」や「変スピVer.5」の様な本当のオリジナルフライは
簡単には創造出来ません。
渓パパもこの釣りができなくなるまでに
オリジナルフライを巻いてみたいと思っています。
←menuへ