ラスト キャスト

6月3日は単独で山奥の川に行ってきました。


いつもの入渓点には沢山の車が停められていました。
b0208961_1517238.jpg





川に降りて最初のポイントから立て続きにぽんぽんと出たので、全てタケノコ採りの車で先行者はいないようです。
b0208961_151759100.jpg





この川のイワナのお腹の色は底石とフライライン同じ橙色。
b0208961_15183864.jpg





釣り上がって行くと西向きの斜面には残雪がありました。通りで水に手を入れるとしゃっこいわけだ。
b0208961_1519792.jpg





ここは雪が解けたばかりで、六月なのにフキノトウもあります。
b0208961_15211547.jpg

・・・と言うことは近くに春の山菜もあるはず。




やっぱりね~、伸びたコゴミの中にボンナがありました。
b0208961_1521539.jpg





こっちにはシドケが。
b0208961_15222187.jpg





あ~こっちにはアイコが。
b0208961_15224977.jpg





アイコの毛を直接手で触ると酷い痛みと痒みに襲われるので必ずグローブして。
b0208961_15443371.jpg



町の季節は初夏なのに釣にくると春の山菜が楽しめます。


釣の手を休めてお持ち帰り袋に今日食べる分だけ採ってゆきましょう。

注)採った山菜やキノコを持ちかえるために、フィッシングベストを着ないで小さ目のリュックとウエストバッグのスタイルにしています。




・・・で、釣りを再開します。

ん~このサイズはいっぱい釣れるんですがサイズアップしませんね~
b0208961_15255311.jpg

せっかくぶら下げてきたランディングネットが乾いたまま終わるのかな~




最後と決めた堰堤下のポイントで、願いを込めてラスト キャスト。
b0208961_1550247.jpg





な・な・何と、最後の一振りに、この日唯一のネットサイズが出ました。
b0208961_15261932.jpg



やっぱり神様っているのかな? いや、絶対いるに違いない!!




釣を終えて四時半ごろ入渓点に戻ったら、まだタケノコ採りの車がありました。


タケノコ採りは朝早く山に入って日が高いうちに山から出るようにした方がいいですよ。


タケノコ採りのシーズンは遭難のシーズンでもあります。
by keipapa3 | 2012-06-05 20:53 | 釣行記 | Comments(6)
Commented by mizu at 2012-06-05 22:07 x
最後に出た岩魚、カッコイ~すね!
Commented by madaibaka at 2012-06-05 22:25
今日も遭難騒ぎ・・・たけのこは人が採ったものが一番おいしいのにね。このセリフで毎年たけのこを食べている私です。
Commented by the-kingfisher at 2012-06-06 11:39
お~っと、変態の神も微笑んでくれたようで。
ネットからはみ出る尾っぽは、そそられるすな。
Commented by keipapa3 at 2012-06-06 18:05
mizuさん
この釣りを知らない人は、最後の最後に大きいのが出るなんて、
なんとドラマチックなエンディングだと思うでしょうが、
mizuさんもご存じのように堰堤下はその川の中でも大きいのが釣れる
可能性が高いポイントなんですよね。
ただそれだけの事をブログ用に大げさに(笑)書いただけです。
Commented by keipapa3 at 2012-06-06 18:06
真鯛バカさん
そうそう、ヘリコプターが低空を何度も旋回していると、
また誰か遭難したのかな~と思いますよね。
渓パパはタケノコ採りも嫌いではないですが釣のシーズンなので、
妻Mが採ってきたタケノコを毎年美味しく頂いております。
Commented by keipapa3 at 2012-06-06 18:07
the-kingfisherさん
渓パパは神様に選ばれしフライマンなんて言えばカッコいいけど、
単に小さ目のワンディング ネットを使っているだけなんです(笑)
←menuへ