オスの顔

先週の日曜日のお話です。


渓パパは今シーズン最大のイワナをかけました。
イワナもデカくなると迫力が出てきますよね。



#10の変スピVer.5が小さく見えます。
b0208961_914426.jpg


イワナもヤマメも小さいうちは、養魚場のオヤジさんでも、雌雄を判別できないそうです。




立派な尾鰭で推進力を生みだします。
b0208961_91435100.jpg





オスの特徴である下顎のしゃくれがはっきりと出て、
いかつい顔していますね、もっと穏やかに生きた方が楽ですよ(笑)
b0208961_915312.jpg

注)渓パパにはめったに釣れない尺オーバーなのに、ピンボケです(涙)




b0208961_9161786.jpg



この川の流れとイワナ達からフライフィッシングを教えてもらいました。
渓パパの大事なホームリバーです。




え~この日も暑かったですね~

素麺を食べる時には、出来るだけ冷たい方が美味しいですよね。
b0208961_9153221.jpg





水は狭くて陽が当たらない小さな沢の流れ込みの方が冷たいものです。
この季節でもしばらく手を入れておけないくらいで冷たいですよ。
b0208961_9155422.jpg





渓はエゾアジサイの季節ですね。
b0208961_9164468.jpg





紫のエゾアジサイの中にピンクのアジサイも咲いていました。
b0208961_9171074.jpg


注)どこにも目立ちたがり屋はいるものです。
by keipapa3 | 2011-07-28 21:51 | 釣行記 | Comments(2)
Commented by the-kingfisher at 2011-07-29 17:28
お~、オラの分身が活躍したようで何よりです。
とは言っても、渓パパさんの腕の良さあっての事。
オラもうれしい尺岩魚だす。
Commented by keipapa3 at 2011-07-29 23:04
the-kingfisherさんが考案した変スピVer.5の威力ですよ。
A.D.Wのウィングがぷるぷる震えながら
流れ漂う様は魚を自ら誘っているようで
パラシュートのウィングには無い効果だと思います。
←menuへ