究極の選択

昨日はヤマメに会いに行ってきました。



のどかを絵に描いたような景色に癒されます。
b0208961_922548.jpg





一昨年Mさんと初めて出会った場所から入渓。
b0208961_9233830.jpg

注)葦の丈が股ぐらいになるまでが釣りやすいです。




ノックしたら早速の返事 やっぱヤマメはいいね~ ピッカピカ 
b0208961_924650.jpg






今年も無事に再会することができました。
b0208961_9243610.jpg

注)向こうは渓パパに会いたくなかったと思うけど(笑)




パーマークは幼魚斑と言われ鮭鱒類の幼魚に見られる特徴です。
b0208961_9585978.jpg





イワナにも見られますが、個体によりはっきり出ているのもと、
b0208961_9475520.jpg






このイワナのように側線をまたいで、うっすら見えるものもいます。
b0208961_9491049.jpg

注)見る角度により見えたり消えたりもします。




チビヤマメは渓パパのレギュラーサイズ。
b0208961_9484421.jpg






ヤマメは難しいね~
b0208961_9493311.jpg

山奥の初なイワナばかり相手にしているのでつくづく感じます。



ヤマメはイワナより戦略的で難しく、一匹の価値がより高い魚であり、

フライフィッシングの対象として重要な存在に違いありません。



渓パパはヤマメの気高さや品の良さももちろん好きですが、

イワナのおっとりしたところや、間抜け無邪気な所が大好きです。



もしもこの地球上からヤマメとイワナどちらかが消えるとしたら、どちらに残って欲しいですか?




b0208961_142479.jpg

渓ではタンポポの種が飛行準備中でした。
by keipapa3 | 2011-05-30 17:33 | 釣行記 | Comments(5)
Commented by 真鯛バカ at 2011-05-30 22:11 x
それはやっぱりイワナでしょう!ヤマメは見ているだけで美しい。食べてもうまい!やはり生息環境からみても流心を好むヤマメは身が引き締まり、体高もあり引き味も最高です!わ○びご馳走様でした。今度はそれにあう真鯛をお届けできるように頑張ります。
Commented by 真鯛バカ at 2011-05-30 22:12 x
なんかわかりにくいコメントでした。残って欲しいにはヤマメです!
Commented by the-kingfisher at 2011-05-31 00:19
もち肌の秋田美人だすな~
オラは山奥のウブなやつも、里川のツンデレ系もどっち大好きだす。
Commented by keipapa3 at 2011-05-31 17:43
真鯛バカさん
ヤマメ好きでしたか。
同じ体重のヤマメとイワナではヤマメの方がより多くの餌(カロリー)を
必要とするそうです(燃費が悪いってこと)
多くの餌を摂るために流芯に定位しますが、
渓パパのフライだけは食べません。
山葵は山奥に向かって順次花の時期を迎えます。
Commented by keipapa3 at 2011-05-31 17:45
the-kingfisherさん
車に例えるなら、ヤマメはスポーツカーでイワナは軽トラックでしょうか。
渓パパももちろんどちらも愛していますが、
渓パパは軽トラの方が気軽で愛嬌があって好きです。
←menuへ