めでたく解禁

午前中は友人と蕎麦打ちの講習会。



エプロン姿から気合が伝わってきます。
b0208961_2221329.jpg





いいセンスしていますね~。
b0208961_22215850.jpg





若さの違いが蕎麦に出ます。
b0208961_22223329.jpg





誰もが最初は顔が段々近くなってきます。
b0208961_22231136.jpg






渓パパが初めて打った蕎麦とは比べ物になりません。
b0208961_22234373.jpg



説明しながらの蕎麦打ちだったので、時間がかかり乾いてしまいました。
注)その分を見極めらなかった渓パパはまだまだですね。

上手くなったら親戚の子供たちが集まったときに披露するとうけますよ。






午後からは約7カ月ぶりに川へ行ってきました。

重役出勤なので、坊主さえ避けられたらと思い近くの川に決めました。


途中、A bank 旧小坂支店の横の黄桜を見てみたら、
b0208961_22242983.jpg





メイフライ(かげろう)が花にとまっていました、これはまさに吉兆です。
b0208961_2225653.jpg





黄桜に今シーズンの無事を祈り、目指す川に向けハンドルを切ります。
b0208961_22254230.jpg





小坂川は白く濁りが入っていましたが、
こんな時はあの川へ逃げれば、ま~魚の顔位は拝めるはず・・・。



ウエダーを通して感じる水の流れが嬉しいです。



今シーズンのファースト ヒットはスレでした。
b0208961_22261626.jpg

黄桜の吉兆とは裏腹ですね~




それでもパーマークとレッド バンドとホワイト スポットが見られただけで御の字。
b0208961_22265449.jpg





b0208961_22271777.jpg




b0208961_22274553.jpg


今日は渓魚と再会を果たせたので100点です。
注)渓パパ自分自身の評価は大甘です(笑)



途中、川上から釣り下ってきた餌釣り師と遭遇。
b0208961_22282534.jpg

中通しのロッドに小型のリールを付けて
仕掛けの長さを変えられるタックルでした。
注)渓パパは始めてみました(驚)



渓にはすでに二輪草が咲いていました。
b0208961_2228597.jpg




フライシーズンが始まったため、週末にPCに向かう時間が無くなるので、
渓パパの 「流れの向こうに」 は更新の間隔が開くかもしれません。
釣りブログなのに本末転倒とはこの事ですね(笑)
by keipapa3 | 2011-05-22 23:20 | 釣行記 | Comments(6)
Commented by mizu at 2011-05-23 18:18 x
昨日は大変ありがとうございました。
お土産までいただき(汗)
渓パパさんの作る蕎麦はお店で出せる美味しさです!!
渓パパさんのご指導があってこそココまで出来た蕎麦なのです。

(祝)解禁ですね。綺麗な山女&岩魚ですね~、この川はF原ですか!?
Commented by sataka1973 at 2011-05-23 20:17
解禁おめでとうございます。

私も今は多忙なためブログ更新の間隔が開き過ぎて
しまって・・・内容もグダグダ化しつつあります。

今年の早口のベストシーズンには遊びに行きたいので
予定を組みましょう!
Commented by the-kingfisher at 2011-05-23 20:59
なしてそんなにひび割れず薄く伸ばせるの!?
水回し?こね?それとも、普段の行い?

やっと待ちこがれた釣りネタアップですね。
これから、秋田美人をた~くさん釣って下さいな。
Commented by keipapa3 at 2011-05-23 22:32
mizuさん
こちらこそありがとうございました。
言ったように持ち帰った蕎麦はゆでる時に切れたでしょう。
何度も蕎麦を触っていると、食べる前にどんな蕎麦になるか解るようになりますが、
自分で打った蕎麦はどんな蕎麦でも必ず食べてみて、
反省することが次につながるように思っています。
またやりましょう。
Commented by keipapa3 at 2011-05-23 22:39
the-kingfisherさん
蕎麦の出来は最後には神頼みです(笑)
雪代が治まれば一気にハイ シーズンに突入です。
キングさんのようにたくさんは無理だけど、
思い切り楽しんじゃいますよ。
Commented by keipapa3 at 2011-05-23 23:01
satakaさん
シェフも誘って行きましょう。
尺物10連発ってなればいいですね。
オッとその前に釘抜きは大丈夫ですか?
←menuへ