ファンデーション


今日は約束通りOさんとタイイングしました。

Oさんは激戦河川でフライをしていたようです。

・・・で、、#18とか小さなフライばかり巻いていたようで、#12・10といった大きなフライは巻いた事がないようでした。
b0208961_22491483.jpg





ん~ 正直小さいフライは巻くのが難しいです。


渓パパはローガンに鞭打てば(笑)、#18のパラシュートも巻けますが・・・。
b0208961_22495649.jpg



実釣ならこのサイズはCDCパターンの出番です。


Oさん タイイングをマスターするには、大きいサイズで練習した方が、上達が早いと思いますよ。


注)渓パパの地元では#10でもがっぷり食ってくる、 初なイワナが多いので十分使えるフライですよ。




シーズンが来たらそんな渓へご案内します。




一本巻きあげようとしたけれど、結局ファンデーションとウィップフィニッシュの練習で終わってしまいましたね。
b0208961_22523221.jpg



・・・でも、ファンデーションにはタイイングのエッセンスがたくさん詰まっています。


ファンデーションで重要な事はテンション(スレッドの緊張感)で、これだけはビデオや本で理解できません。


巻いている途中で、テンションンが緩んでしまって糸ふけが出たり、

逆に強すぎてスレッドを切ってしまったり、ポイントにスレッドが触れて切れたり色々あります。

もう一つはスレッドを巻く手と逆の左手の使い方です・・・。



お伝えしたい事はたくさんありますが、今日は来週また一緒にやることを約束して終了となりました。

( Oさん 少し上から目線になってしまいましたね、ご容赦ください )
by keipapa3 | 2011-01-13 23:03 | タイイング | Comments(4)
Commented by sataka1973 at 2011-01-14 10:38
大きいフライってなぜだか巻いてて楽しいですね~♪

私も今後大きめなフライも使おうと思っています。
その為、久しぶりにタックルとシステム変更を検討中!
そんなことを考えてるのも楽しいです♪
この病、入院してるほうが進行しそう(笑)
Commented by the-kingfisher at 2011-01-14 10:57
FLYボックス覗かれるのって、なんか、しょすいと思いません?
通信簿覗かれてるような・・・
覗く立場なら、ボックスの主の釣りのスタイルを想像できて楽しいんですがね。
オラのボックスは・・・いい加減でガサツで突っ込みの足りないFLYばっかです・・・
Commented by keipapa3 at 2011-01-14 17:35
satakaさん
一時期ボックス内が小さいフライで
占められていた時期がありました。
今はイワナの釣り上がりなら#10がメインです。
年と共にフックサイズがアップしているような・・・。
Commented by keipapa3 at 2011-01-14 17:37
the-kingfisherさん
フライボックスはしょしくてめへらいねな。
フライ雑誌でフライボックス公開
みたいな企画があるけど、
よくやれるな~と思います(笑)
←menuへ