グリズリーヘアー


数年前から渓パパの髪の毛もグリズリーの様に(笑)
b0208961_8555951.jpg




さらに、てっぺんと生え際は・・・
b0208961_1040172.jpg



渓パパは白髪を染めようとは思いませんが、ハックルは自分のイワナの好みのカラーに染めてみたいですね。


ハックルのカラーが気に入らなくても質が良いものなら迷わず買いです。

そして自分で染めなおせば面白いですよ。


グリズリーもこの通り
b0208961_859090.jpg



渓パパのように清貧な人は、一枚のスキンでも小分けにすればいろんな色に染められます。


自分でやってみると、塗装(塗り)と染色(染め)はまったくの別物である事がよくわかります。
b0208961_85630100.jpg





ドラッグストアーで白髪染めを買う時レジのお姉さんに 「自分の髪に使うんじゃないよ、鳥の羽を染めるんだよ」と、

なぜか言い訳したい気分になります。




それから渓パパは昔ムースボディーヘアーをブリーチしようとして原液のままの漂白剤に浸けて、

ヘアーが全て溶けてなくなった事があります(涙)
b0208961_8565756.jpg



漂白も染色もいらない部分で少量テストしてから、本番に臨んだ方が安心ですよ。
by keipapa3 | 2010-11-19 06:22 | タイイング | Comments(2)
Commented by the-kingfisher at 2010-11-19 09:31
渓パパさん
>「自分の髪に使うんじゃないよ、鳥の羽を染めるんだよ」
そっちのほうが怪しまれますって・・・
Commented by keipapa3 at 2010-11-20 08:10
the-kingfisherさん
ご指摘のように変態は自分で気が付かないものですね。
鴨の尻の羽や牛の尻尾の毛を愛おしく思います。
←menuへ