彬もびっくり「ねじねじハックル」

エルクヘアーカディスはフライマンなら誰でも知っているフライですよね。


このフライはタイヤーによって様々なバリエーションがあり、パターンと言うより、一つのタイプと言ってもいいように思います。



渓パパの釣り上がり用のEHC、現在型のひとつ前の型です。
b0208961_917642.jpg



渓パパはリーダーティペットを長くする時は使いませんが、狭い沢でリーダーティペットを短くする時に使っています。

使い方はもちろんナチュラルドリフトが基本ですが、パラシュートに比べ引っ張っても沈みかけても、

はたまた沈んでしまっても反応が良いように思います。




そんな使い勝手が良いエルクヘアカディスですが、使用中にパーマーハックルのストークが切れて、

バラケてしまったことありませんか?



パーマーハックルの補強のために、極細ワイヤーやファンデーションの時に残しておいたスレットで
カウンターラップする方法もありますが、



渓パパはこのスレットに出会ってからこんな方法を考案しました。



ベネッキのウルトラ ストロング スレッド #10
b0208961_991660.jpg





普通はハックルの裏をアイ側に向け巻くことが多いようですが、
b0208961_911780.jpg





スレット自体を撚ってから、ハックリングの前にハックルとスレットを撚り合わせモール状に、
b0208961_9125240.jpg




そしてシャンクを固定しながら、ダビングボディーに食い込むようにきつく巻いてゆきます。

ハックルだけでは食い込むほどきつく巻くと切れてしまいますが、


この方法なら目いっぱい食い込ませてもストークが切れません。
b0208961_9135260.jpg





名付けて 彬もびっくり  です


この方法で強度もアップし、実釣でストークが切れてバラケてしまうことはなくなりました。

さらに、ハックルファイバーがいい感じに乱れ、渓パパの目にはより虫っぽく見えます。


このスレットはその商品名の通り強いです。

以前はエルクヘアーを縛る時に、スレットを切ってしまうことも何度もありましたが、

これに変えてから、スレットが切れずに、逆にエルクヘアーが切れてしまうようになりました。

カラーは白色しか無いようなので、油性ペンでお好きな色に塗って、仕上げてもいい感じです。
by keipapa3 | 2010-10-14 17:49 | タイイング | Comments(2)
Commented by the-kingfisher at 2010-10-16 03:10
このスレッド、めちゃくちゃ強いんですよね!
んでも、50yd位?の短さで800円位しませんでしたっけ?
もちょっと安ければありがたいんですけどね・・・
Commented by keipapa3 at 2010-10-16 09:47
始めてこのスレッドを使ったとき
その強さに驚き、さらにその短さにも
驚かせられました。
←menuへ