温かい餡かけが美味しい季節なので、今日はカニ(かま)を使ってカニ玉餡を作ってみました。

b0208961_13182266.jpg

注)最近のフェイク食品は見かけのみならず味も侮れません。





かに蒲鉾は解して、食感が残る程度に切り、溶き卵と水溶き片栗粉を用意しましょう。
b0208961_13184861.jpg





蕎麦汁を沸かしたら、カニ(かま)を入れ、水溶き片栗粉でとろみを付けます。
b0208961_13191055.jpg

仕上げに溶き卵を流し入れて餡の完成です。





お好きな麺を茹でたら丼に盛り、餡をかけましょう♪
b0208961_13193856.jpg

注)ご飯にかけても美味しいかも。





ま~本物のカニを使う勇気もお金もない渓パパでも、カニ(かま)ならお気軽にできますよ!
b0208961_13225318.jpg




麻痺の残る左手でも包丁がだんだん怖くなくなってきた。

・・・でも、慣れてきた頃が一番危ないんだよね~ 刃物は慎重に扱いましょう!(^^)!
  




この冬の季節ハタハタ漁は記録的な不漁に終わったそうです(>_<)

b0208961_1312473.jpg

注)昔は県民魚とまで呼ばれたハタハタは高級魚になってしまいました。




え~ 秋田県民なら皆さんご存知だと思いますが、焼いたハタハタの食べ方を・・・。




先ずは、尾鰭に近い部分の中骨を千切ります。
b0208961_1315047.jpg






次に、頭の側から中骨を抜き取ります。
b0208961_1322247.jpg





あとは食べるだけ!(^^)!
b0208961_1324499.jpg


しょっつる鍋もいいけれど、焼いたハタハタも旨味が凝縮していて、これまた美味い!(^^)!


蕎麦切り包丁があれば、ウドンも冷麺も自在に切れたけど、マヒが残る左手で蕎麦は切れません(>_<)

b0208961_11111912.jpg

注)玉葱や白菜などをザックリ切るだけならできるけどね。





・・・で、パスタカッターをポチッとしてみました。
b0208961_11125974.jpg





ん~ 麺線の幅が6ミリぐらいなので、細い蕎麦は無理ですね(>_<)
b0208961_11135277.jpg





蕎麦切り包丁なら切り方次第で、切り幅も変えられるけど・・・。
b0208961_11133059.jpg



今度、ウドンを切ってみます。



ミカンでパンツを作ってみました。



ミカンを揉んで、実と皮を剥がしやすくしてから、胴と股の部分を切り取ります。

b0208961_1016196.jpg





実を押し出したら、「みパン」の完成です♪
b0208961_10164245.jpg





ちゃんと穿けます。
b0208961_1017161.jpg

注)小さいお子さんが作る時には、包丁ではなく爪楊枝で皮を切るといいようです。



今年の年越しそばを冷たい、もり(森友)にするか、

b0208961_1401290.jpg




温かい、かけ(加計)にするかで迷ったら、
b0208961_13531129.jpg





いっそのこと、冷麺を打ってみるのはどうですか?
b0208961_13533419.jpg

注)冷麺なら日本の蕎麦より簡単に打てると思います(美味い不味いは別として)




日本の年越しに冷麺では風情がないな(>_<)
b0208961_13542879.jpg


日本以外に年越しに麺を食べる風習のある国があるのかな~
b0208961_20222436.jpg

明日退院予定なのでこれが最後の晩ご飯です。
左利きの渓パパが左半分麻痺になり。麻痺した左手で食べようか?非利き手の右手で食べようか?迷った事もあったけど、左手で練習したら箸が使えるようになりました。
他人様には、ただご飯を食べているようにしか見えないと思いますが、渓パパは必死でした。
b0208961_12322388.jpg

長かった入院も今夜一晩だけになりました!
看護士やドクターには直接お礼を言えるのですが、栄養科や事務職などのスタッフやは直接お礼を言う機会がないので、病院の全てのスタッフに、このばを借りて 感謝 申し上げます。ありがとうございましたF649.gif
←menuへ